ハンターハンター351話(死闘)


352話はこちら



ハンターハンターの連載が再開してから、
毎週月曜日が楽しみで仕方なくなりました。

今回も仕事終わりに立ち読みをしに行きました。
先週はあらすじがまったく思い出せずショックを受けましたが、
今回は場面が変わってヒソカ対クロロ(天空闘技場にて)のお話でした。

私は旅団が大好きなので、久しぶりに見るリーダーに感動しました。
「待ってました」って感じですよね!
団員達もクロロが念を使えるようになった時、「待ってました」って気持ちだったんだろうな。
退団したもののヒソカも好きなのでうれしい組み合わせです。


開始早々新事実。
ヒソカのフルネーム:ヒソカ・モロウ
びっくりしました、ヒソカはヒソカでしかないと思っていたもので(笑)
ゴンと戦っていたときなどもフルネームは明かされていなかったので、
そういうものだと思っていました。

その後またもやびっくり。
クロロがデスマッチを提案。
この2人のどちらかが死ぬなんていやです。
どちらもハンターハンターの世界においてスパイス的な役割をはたしてきた人物です。
味がなくなっちゃいますよ~。

その後さらにびっくり。
クロロが戦闘中に出した能力がシャルナークの能力「携帯する他人の運命-ブラックボイス-」なのです。
え、シャル能力盗まれてんじゃん(笑)と思いましたが、合意の上でしょうね。
シャルに能力借りてきたのか…、てことはほかの団員の能力も借りてるのかな?
献身的!そしてツンデレか!
みんなクロロ好きすぎてびびります(笑)

クロロの能力について気になっていろいろ調べたのですが、
盗んだ能力は返せないのかという疑問があちこちで湧いていました。
どなたかの書き込みで、本のページを破れば元の持ち主に能力が戻るとありました。
私もこの設定どこかでみたことがある気がするんですよね…。
気のせいか、勘違いか、どなたかの創作内での設定かわかりませんが、そうであると願いたいです。

もしかしたらレオルの「謝債発行機-レンタルポッド-」と勘違いしているかもしれません。
(具現化した発行機で対象能力の券を発行し、それを手に取り破くことで対象能力を発動できるようになる。)

というか、もともと返せなかったとしても、
制約って変えられるみたいなので(クロロが「盗賊の極意-スキルハンター-」発動中に片手しか使えなかったのが、両手使えるようにした)、きっとしれっとシャルナークは能力使えるようになっていると思います。


いろいろきになりますが、
団長もヒソカも簡単には死なないと思います。
2人とも生きてほしい…。
でもクロロの愛され具合・大物具合・余裕っぷりと、
今まで戦闘中は常に狩る側として余裕かましてたヒソカの必死感を比べると、
ヒソカが危ない気がしてきた...。
クロロがすごいっていう描写のせいか、ヒソカの小物感が目立つ気がする。


まあ、焦っても次回のジャンプ発売日にはたどり着けないので、
サザンオールスターズの栞のテーマでも聞きながら楽しみに待ちます。
きっと富樫先生も栞のテーマ聞きながら漫画を描いていたことでしょう。。。


スポンサーリンク










352話はこちら



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
・ゲーム実況
YOUTUBE

・管理人のブログ
makirrotの日常

・RANK


ブログランキング・にほんブログ村へ

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

この記事へのコメント